外壁塗装の種類と性質

外壁塗装の種類と性質

外壁塗装には様々な種類があります。
以下に、その性質と合わせてご紹介していきます。
ご自宅の外壁塗装をしようと思われている方、ぜひ、
施工店や外壁塗装業者におすすめされるまま決めてしまうのではなく、
まずはどのような外壁塗装があるのかを知っておきましょう。

外壁塗装の種類は、大きく分けて4つあります。

●アクリル
数年前までの外壁塗料といえばアクリルというくらい一般的なものでした。
透明感とツヤがありますし、耐水性や耐薬品性もあります。
ここで挙げている4つの外壁塗装の中では最もお値段がかからないタイプですので経済的です。
ただ、4~8年で塗り替える必要があります。

●ウレタン
現在一般的な外壁塗装塗料です。
塗り替えるまで8~10年と言われています。独特の肉厚感と光沢があり、はがれにくさが特徴です。
柔らかい性質との密着性高く、曲面や細部も。木、トタン、アルミ、コンクリートなどにも塗装することができます。

●シリコン
高級塗料とされている外壁塗装塗料です。スペースシャトルなどにも使われているとか。
12年程度もつようです。紫外線に強いという特徴があります。付着力も強いです。
光沢が長持ちする、色あせしにくい、汚れが付着しにくく取れやすい、などの特徴もあります。

●フッ素
フライパンの加工などに使われていることからわかるように、熱に強い素材です。
15年から20年程度もつのではと言われています。

Copyright(C) おススメの種類は?時期は?外壁塗装情報を集めました All Rights Reserved.