外壁塗装をした方が良い目安

外壁塗装をした方が良い目安

外壁塗装をした方が良いかどうかは、自分でも確認する方法があります。
自分で確認ができる方法は4つあります。

●チョーキング現象
チョーキング現象とは、黒板に書く白いチョークみたいに、壁を触ると手に白い粉がつくという現象です。
家の壁でイメージしにくくても、例えば歩道橋などの手すりを触ると手が真っ白になってしまったという経験がある方なら多いのではないでしょうか。
これをそのままにしておくと、やがて外壁にひびが入ったりカビがはえたりしてしまいます。
チョーキング現象が見つかれば、速やかに外壁塗装をしましょう。
また、早期発見できる簡単な方法ですので、定期的にご自分で壁を触ってみてチョーキング現象が起きていないかチェックすることをおすすめします。

●ひび・割れ
ひびや割れが外壁に入っている場合も、外壁塗装を速やかに行う必要があります。
なぜなら、その部分から浸水したりカビがはえたりしてしまうからです。
表面だけのひび・割れの場合と、外壁の素地にまで達している深いひび・割れでは対応が異なってきますので
施工業者等に相談することをおすすめします。

●はがれ・浮き
外壁塗装の密着性が失われてくると、塗料がはがれてきたり浮いて来たりします。
一部だけのはがれ・浮きであれば、はがれていない部分を残して塗装することも可能です。

●カビ・さび
カビやさびが出ている場合、塗装が劣化し腐食が進みます。
腐食部分を完全に取り除いてから再度外壁塗装をする必要がありますので、施工業者等に相談しましょう。

    Copyright(C) おススメの種類は?時期は?外壁塗装情報を集めました All Rights Reserved.