外壁塗装で家に付加価値を

外壁塗装で家に付加価値を

外壁塗装の基本的な目的は、デザイン性と風雨や紫外線から家屋を守ることです。
ですが、最近の外壁塗装には様々な付加価値をつけることができるものがあります。
いくつかご紹介していきたいと思います。

●夏場の省エネになる外壁塗装
遮熱効果のある外壁塗装を施すと、夏場、太陽光を浴びて室内の温度が上昇するのを和らげることができます。

●冷暖房費の節約になる外壁塗装
断熱効果のある外壁塗装を施すと、夏場の日差しの熱を遮るだけでなく、
冬は屋内の暖かさを逃さない家づくりができます。
塗料自体は価格が高めにはなりますが、冷暖房費を削減することはできるでしょう。

●太陽光が当たると汚れが水に溶けやすくなる外壁塗装
光触媒というメカニズムを利用した塗料で、光触媒塗料と呼ばれる外壁塗装があります。
外壁の塗料の表面についた汚れが、紫外線が当たることにより親水性を持ち、水(掃除の水や雨)に溶けやすくなる性質を持たせることができますので、外壁を美しく保ちやすくなります。

いずれも、基本的な外壁塗装塗料に特別な成分をプラスすることになりますので、塗料そのものは安くはありません。
ですが、費用対効果を考えて、あなたの家におすすめの付加価値があれば試してくださいね。

    Copyright(C) おススメの種類は?時期は?外壁塗装情報を集めました All Rights Reserved.